50歳代の看護師の転職と向いている職種

これからの日本は労働者不足で悩まされると思います。 今でも土木業界や外食業界でも人材が集まらず業務縮小を余儀なくされているところもあります。 年齢を重ねれば重ねるほど「転職は無理かも?」と消極的になりがちです。

一般の会社で50歳代の転職の場合は「ヘッドハンティング」や「知り合いを通じての転職」程度でしょう。 普通の転職活動をしていても、なかなか仕事先が見つからないのが現実です。 けれども看護師業界は慢性的な人手不足でこまっている状態にあります。 看護師経験があれば50歳代でも、まだまだ転職して仕事はできます。

ここでは、50歳代の看護師の転職と向いている職種についてお話したいと思います。 年齢的には「看護師長」「主任」など役職についていてもおかしくありません。 経験豊富であると見られますから、これまで経験した診療科目や仕事内容はきちんと伝えるべきです。

専門科目・経験した科目の検査・処置・アセスメントなど看護スキルや知識はどこの職場でも必要とされています。 年齢的にも後輩に教えることを期待されるケースも多いでしょう。

では、転職活動をする場合はどういった点に注意をすればいいでしょうか? 不安要素としてあるのは「体力面」と「記憶力」でしょう。 50歳代になると二十歳代から三十歳代と比較すると不利な部分もあることは確かです。 けれどもそれを上回る経験や知識があります。

「新しいことを一から覚えよう」とか「もう一度頑張るんだ!」と強い気落ちを忘れないようにしましょう。 前向きに、ポジティブに頑張ることが大切です。 面接官も経験や年齢的なことを踏まえて前向きに考えてくれるでしょう。

次に50歳代の看護師に向いている職種についてお話します。 スムーズに仕事がしやすいのは、今までに勤務経験がある診療科の外来や病棟でしょう。 けれども基本的には「体力面」や「モチベーション」に問題がないなら、どの分野の仕事でもできると思います。 クリニックや健康診断業務などは体力に不安があってもこなせます。

以上、50歳代の看護師の転職と向いている職種についてお話しましたので参考にしてみてください。

ページの先頭へ